家庭教師の役割とは

「家庭教師の役割とは」

このように忍耐や集中力をしっかり身に付けつつ、意識しながらも医学部を受験する受験生というのは不足分を家庭教師や塾などで補う事になるのですが、では家庭教師というのは、どのような役割を持つ存在なのでしょうか?

普段何気なく利用している家庭教師というのは、主に役割というのが2つあります。

1つ目はなにかというと、受験の本質は何かというのを伝える、教えるということです。

それぞれの勉強する科目、教科において、ダラダラ勉強するのではなく、本当に医学部に合格するために必要な本質というのを的確にまとめて、要領よく伝えることが役割の一つです。

そして本質を教えると同時に自学自習の時間を有効に活用しつつ、繰り返し練習や予習。復習などのチェックをするとより効果的です。

 

このように家庭教師というのは、医学部に合格するため、知識を詰め込むだけでなく、それぞれの教科のポイントというのを的確に伝えることが短時間で出来ることが求められているのです。

慶応進学会フロンティア